理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

お客様の声

お客様の声 

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

初めてのインソールをフィジオセンターで作成された大和様にお話を伺いました。

●大和様の状況
軽度の外反母趾、外反母趾部分の痛み、足の疲れやすさ、靴擦れができやすい、足首挫きやすい、内股などの悩み。
外反母趾防止と、歩き方、足の疲れやすさの改善を希望されフィジオセンターを利用。

大田:足の悩みはいつ頃からありましたか?

大和様:気になるようになったのは大人になってからですね。二十歳ちょっと前ぐらいから。大学生ぐらいのころから、「(外反母趾が)ちょっと出てきたかな」とか「靴が(外反母趾に)当たるのが多いな」みたいな。

大田:その前は、特に当たったりするような事は無かったの?

大和様:小さい頃でもありました。靴は必ず靴擦れして、「痛いところがどこかしらある」みたいな。

大田:同じような歩き方で?

大和様:歩き方、変わってないです(笑)

大田:じゃ、変わってないんだ。

大和様:ずっと小ちゃい頃から変わってないです。内股なんですけど、足だけ内股という。外側から足をついて、右足は、ほっぽり出すみたいな(笑)

大田:うん、そうだね、そうだね(笑)

大和様:疲れると、それがひどくなりますね。元気な時は、なるべく自分で意識して真っすぐ歩こうとするんですけど、疲れると、歩き方が雑になりますね。つま先が凄く内側を向いているような。

大田:人に何か歩き方を指摘されたりしたことあります?

大和様:あぁ、あります、あります。指摘されたことあるし、小さい頃は、それでよく転んでたりしました。自分の足に引っかかって。

大田:そうなんだ。それでケガをして。

大和様:「転んで膝は傷だらけ」みたいな。

大田:じゃ、外反母趾に気づき始めたのは二十歳前後ぐらいで。

大和様:そうですね。外反母趾が痛くなり始めたのもその頃で。でも、その後、仕事でヒールを履く仕事をずっとしていたので、余計にどんどんひどくなっていっちゃって。

大田:大学卒業してから?

大和様:大学卒業してから、すぐにアパレル系の仕事に就いてたので、ずっとヒールだったんですよ。5cm〜7cmぐらいのパンプスとかをずっと履いていたので。スーツでしたし。

大田:5cm〜7cmって、結構高い方ですよね。

大和様:そうですね。私が履くと、高い感じですね。

大田:履いていると、つま先とかが痛くなる感じ?

大和様:つま先というよりも、外反母趾の部分が痛くなります。痛くならないように、足の指を広げたり、色々してみたんですけど、あまり変わらず。。。

大田:痛い時に工夫していたこととか、治療とかしてました?

大和様:家で足湯やったり、メディキュットを履いてみたりとか(笑)。

大田:メディキュットって、足の疲れとったりするやつ?

大和様:足の疲れのやつですね。痛みも取れるのかなぁという感じで(笑)。
よっぽど痛い時は、湿布を貼ったりしてました。湿布を貼って寝る。

大田:外反母趾のところに湿布?

大和様:そう、外反母趾のところに湿布。足湯とかは、温めると楽になる感じもあって。 ずっと冷房が効いている職場で立ち仕事だったので、冷えとか(の原因)もあるのかなと思って。
元々、冷え症なので。

大田:楽になりました?

大和様:なるんですけど、一時的でしたね。次の日はまた仕事で、繰り返しなので。毎日必ずしもそれ(足湯とか)ができるわけじゃなくて。
帰宅が22時、23時とかになると、なかなかできなかったりするんで。。。

大田:それは仕事時間も長いですね。

大和様:あとは、自分でひたすら足の裏をマッサージしたりとか。

大田:1日どのくらいの立ち仕事だったんですか?

大和様:長い時で、10時間とか11時間とか。セールの時とかは特に。

大田:それは長いねぇ。痛くなるわ。

大和様:パンプスの中に柔らかいのを敷いてみたりとか、色々したんですけど(笑)。
靴も合うものがないか相当買い替えたりして。見つかるまで。

大田:中に柔らかいやつって?

大和様:ジェルみたいな。ジェルパッド。靴屋さんとかで売っているやつです。

大田:それ、結構値段しますよね?1個、1500円ぐらいとか。

大和様:します。

大田:そういうのも使ったりしてたんだ。やっぱり普通の靴は履いちゃいけないの?

大和様:スニーカーみたいのとかですか?ダメです、ダメです。スーツで、ヒールがある黒のパンプスって決まってましたね。

大田:何年アパレルをやってたんですか?

大和様:1年半ぐらいですね。体調を崩したのと、ストレスとかもあって。

大田:今も立ち仕事ですけど、大丈夫ですか?

大和様:今はスニーカーだから、全然ラクですね。

大田:生活の中で、足の悩みとか、他にありますか?

大和様:足首が痛くなることがありますね。あとは、正座とか(笑)。お囃子(おはやし)の時の正座やあぐらとか。足が圧迫されるので、すぐに足がしびれる(笑)

大田:どのくらいの時間で?

大和様:10分ぐらいとかで。足自体は痛くならないけど。でも疲れると、足裏とか痛くなることはありますね。

大田:体のバランスとかはどうですか?

大和様:グラグラは、昔からしますね。今でもスニーカーでも、足をグキッとしてしまうことあります。

大田:インソールを使ってみたいと思ったキッカケは?

大和様:やっぱり外反母趾が痛かったのと、歩き方がヘンだから。アロママッサージをやっている友達とかにも「体がゆがんでいるよ」と凄い言われて。
まずは「歩き方を治した方が良い」というのも言われて。靴の中で補助してくれるものを使った方が、より良いのかなとも思ってたので。インソールとか作ってみたいと思ってましたし。

大田:そうだったんだねぇ。実際に、今、フィジオセンターのインソールを使っていただいて2週間ぐらいですけど、変化とかありますか?

大和様:インソールを入れている靴を履いている時は、長時間歩いていても疲れづらい感じがあります。足首とかも痛くならないとか。

大田:以前はどのくらい歩くと疲れる感じがありました?

大和様:元々、立ち仕事していたので歩くのは苦ではないんですけど、例えば、ディズニーランドへ朝から行った時とか、夕方には足が疲れてくるんですけど、今は、多分1日居ても大丈夫だなと思えるんですよね(笑)

大田:じゃ、だいぶん長くなりましたね。ディズニー好きだったんだね(笑)

大和様:行けるなら、毎月1回は行きたいぐらい好きです(笑)

大田:そんなにディズニー好きだったんだ。知らなかった(笑)。今年はディズニーに行ったの?

大和様:2回行ってます。

大田:行っている率、高いね!(※インタビューしたのは4月)

大和様:でも、前よりはだいぶん減ったんです(笑)

大田:へぇ、じゃ、最後のエレクトリカルパレードの頃でも大丈夫?

大和様:全然、大丈夫ですね。ふくらはぎとかは疲れがあるかもしれないですけど、足裏とか外反母趾は大丈夫そうですね。

大田:インソール使う前は、外反母趾とか痛かった?

大和様:痛かったですね。ディズニー行く時はスニーカーなんですけど、痛くなりましたね。

大田:ディズニーが楽しめるようになったなら良かった(笑)
最後に、費用についてどのように感じられましたか?
今の料金には、フィジオセンターでの2hの足と体のチェック、オーダーでのインソールの作成や調整などが含まれているんですけど、いかがでしたか?

大和様:自分にきちんと合ったものを作ってもらえて、色々とチェックしてもらえるので、高くはないんでしょうけど、私の給料からしたら、すごく高いです(笑)。
でも、2足目が同じように足と体のチェックを2回してもらえて、インソールを作ってもらえるのは、絶対に安いと思います。

大田:今日はありがとうございました。

担当 大田より:

楽しく外出していただいているようで、何よりです。足が疲労しやすいとついつい外出時も気になりますよね。また調子が崩れてくるようでしたらに、是非店センターの方に来てください。微調整いたします。

ご相談は無料です 03-6402-7755
STAFF Blog
セミナーのご案内
フィジオセンターポシブル
インターリハ株式会社
リーボックジャパン
このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.