理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

お客様の声

お客様の声 

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

フィジオセンターへ 10 年以上通ってくださっている三宅様にお話を伺いました。

●三宅様のトレーニング状況
2月に長男を出産されて、現在産後4か月。
妊娠中に腰痛がきつくなり、産休に入ってからは2週間に1回のトレーニング。
産後は先月より症状おちついてきたため、月に1回ご利用中。

田舎中:はじめてフィジオセンターをご利用いただいたのが2005年の7月だったんですけど、フィジオドックへお母様のご紹介でお越しいただいたのがキッカケでしたね。腰の状態が一番不安だったというご相談でしたけども。

三宅様:そうですね。カイロプラクティックに2ヵ所ぐらい通っていたんですけど、基本的に何が問題なのかをもっと知りたかったので、チェックしてもらいましたね。

田舎中:一番最初に私がみさせていただいたんですけども、腰の問題だけでなく足の方の問題もあって、腰にも大きく影響があるという状況でしたね。外反母趾とかもありましたし、いろんな原因がね。

三宅様:母も外反母趾がひどいから、私も同じで。

田舎中:そうですよね。それでお母様から、「こっち(フィジオセンター)でみてもらった方がいいわよ」という感じだったんですよね。 長い経過の中で腰を痛めたりしたということもあったんですけど、月に1回ぐらい来ていただいてますよね。

三宅様:あと、インソールも作っていただきました。2回ぐらい。

田舎中:インソールがあると体の使い方が楽になりますよね。

三宅様:そうですね。

田舎中:運動だけでフォローできないところは、インソールなども使って、体が使い方を覚えてくるという感覚は凄く大切ですし、そういうのが合ってましたね。

三宅様:そうでしたね。

田舎中:その後、ご結婚されて、今年、無事に出産されて、体もすごく変化したのを感じられた1年だったと思うんですけど、一生懸命、トレーニングされましたね。

三宅様:ぎっくり腰を4〜5回しているから、普通の人でも(妊娠・出産が)腰にくると聞いていたので、「これはマズイな」と思って(笑)。

田舎中:骨盤のベルトでも間違った使い方しているとね。

三宅様:そう、間違ってました。

田舎中:ホームページとかで使い方の確認ができても、本当に着けて感じるのと違うことがありますからね。

三宅様:うん、人によって骨格とか違うから、ちゃんとみてチェックしていただけたのは助かりました。

田舎中:妊娠中で産休に入られてから頻度良くみさせていただくようになったんですけども、その時に合わせた使い方とか必要な運動もしっかり取り組まれましたね。

三宅様:やっぱり、どんどんお腹も出てくるから、2週間毎に少しずつやるべきことを教えていただけて良かったです。

田舎中:家でもしっかりトレーニングされてましたもんね。

三宅様:時間もあったんで(笑)

田舎中:なかなか普段は時間取れないですもんね(笑)。お仕事が忙しかったりすると。でも、すごく腰がひどくなるということも無く、無事に出産できて良かったですよね。出産された後からも、すぐトレーニングされて。

三宅様:そうですね。出産直前に、産前と産後のやることをちゃんと教えていただいていたから。病院で「これはやり始めた方が良い」という運動も教えていただいていたので。

田舎中:病院からお電話いただいた時は、ビックリしました(笑)

三宅様:病院でもやっぱり疑問に思ったことがあったので。心強かったです(笑)。

田舎中:そう言っていただけると嬉しいです。ここへ通って来ることとか、ご主人との相談とかありましたか?

三宅様:いえ、特にはありませんでしたけど、私がぎっくり腰を何度もしているのを知っているので、「できるかぎり行くのはいいんじゃないかな」と言ってくれてました。本当は、夫にも来て欲しいんですけど。彼も背中が痛かったりするようなので。

田舎中:そうなんですねぇ。

三宅様:なかなか忙しいというのもあるんですけど、私も2005年にみていただいた時に、「ぎっくり腰になるかも」と言われたんですけど、イマイチ、ピンと来てなかったですからね。トレーニングが必要という切迫感とかもなかったですし。

田舎中:今はすごく・・・。

三宅様:そうですね。ぎっくり腰を何回もして、やっと、予防のためにできることがあるということが分かって。

田舎中:体で感じるようになられましたよね。

三宅様:父もやっと、そういう気持ちになってくれましたからね。(※三宅様のお父様も現在フィジオセンターをご利用中)

田舎中:やっぱり体を大切にしていただき楽しく生活できる方が良いですし、これからはお子さんが大きくなってきたら、走り回ったりするんでね。

三宅様:それが次の恐怖です(笑)。

田舎中:(笑)。走れるように体を作っておかないとね。男の子はすごく動くって聞きますからね。

三宅様:自分も若くないから(笑)。

田舎中:体づくりはしっかりやっていきましょうね。あと、費用のことについてはどのように感じていらっしゃいますか?

三宅様:調子が悪い時とか、電話とかでも相談にのってもらっていたりしていますので、高いとは思わないですね。安心料も入っているというか(笑)

田舎中:そう言っていただけると、嬉しいです(笑)
今後、仕事の復帰とかの予定もあると思いますけど、取り組んでいきたいこととや目標とかございますか?

三宅様:冬の時期に調子が悪くなりやすいので(ぎっくり腰になるのが冬とか春ぐらいだったので)、それに備えたいですね。あと、子どもが大きくなったら、今まで取らなかった体勢を取ることが増えるから、基本的な座り方とか股関節の使い方ができるようにもなりたいですね。

田舎中:体を楽に使っておきながら、正しく使っていくことで、体に負担のない使い方を覚えていけるので、トレーニングを通して、それができる体づくりをしていくのが必要ですね。色々と話しながらプログラムを組めていけるとね。
今年もぎっくり腰にならないように。

三宅様:そうですね。去年もなかったですし、ここ2年はとりあえず大丈夫なので。

田舎中:最後に、同じように妊娠、出産される方へ何かメッセージやアドバイスをいただけませんか?

三宅様:正しい姿勢の人ってなかなかいないと思うので、自分の骨格がどういうものなのか、どういう状態なのかを知ることは大切だと思います。それに合わせて、どういった運動ができるのかとかも。
あと、骨盤が開いていくから、骨盤ベルトの使い方も時期によって変わってくるので、それを自己流ではなく、専門の方にみていただける機会を持てると安心できると思います。
運動しながらの呼吸の仕方、力を入れる時に息を吐きながらとか自分の呼吸の取り方がわかるようになって。出産する時に「力まないでください」と言われた時の呼吸の取り方が上手だと言われました。おかげで出産中でも落ち着けたし、今まで教えていただいていたトレーニングが出産にも活かせたのは感謝でした。

田舎中:そうだったんですね。

三宅様:病院でも呼吸やリラックス練習のCDを貸してくれたりしてたんですけど、それだけじゃなくて、日常から体の使い方やトレーニングをしていたので、一緒に呼吸もやっていたという。腹式呼吸とか、自然と身に付いていたんだと思います。毎日ちゃんとできているかは分からないですけど(笑)

田舎中:産後に大きな腰痛など無かったので、一生懸命トレーニングされていたその効果が出せていたんだと思います。本日はありがとうございました。


三宅様ご本人、お子様、お父様との記念撮影

担当 田舎中より:

フィジオセンターを長期にわたりご利用いただき、ありがとうございます。この10年の中で妊娠・出産という女性として体の大きな変化もありましたね。これから仕事復帰もありますが、育児・仕事を快適に過ごすために、今後も体作りのお手伝いさせてください。

ご相談は無料です 03-6402-7755
STAFF Blog
セミナーのご案内
フィジオセンターポシブル
インターリハ株式会社
リーボックジャパン
このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.