理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

スタッフBlog

スタッフBlog

予防理学療法学会の参加報告です

スタッフアクティビティ

2月4日(日)、『予防理学療法学会サテライト集会』に参加しました。

テーマは「地位の実情に応じた多様な主体との協働による実践活動事例」で、
60題近い一般演題と2つのシンポジウムがありました。
地域の活動に関する報告は、介護予防や地域の高齢者に関するものが多かったです。
シンポジウムでは、データを分かりやすく行政に提示したり
効果検証を数字で出すなどの工夫が紹介され、とても参考になりました。

フィジオセンターでは、自治体の職員に対する腰痛予防の取り組みにかかわっていて、
今回は保育園の職員に対する活動内容と参加者へのアンケート結果を報告しました。
参加された先生方からは、どんな内容の活動をしたのか、どんな工夫が必要だったか、
効果はどうだったのか、などの質問をいただきました。
そして、介護施設や医療機関で職員に対する腰痛予防に取り組んでいるという方、
これから腰痛予防を進めていきたいという方とも意見交換をすることができました。

エビデンスに基づいた理学療法を行うことももちろん大切ですが、
まずは実施していることを多くの方に伝えて意見をもらったり一緒に考えたりして、
内容を深めていくことも大切だと感じました。

また今回の調査では、理学療法士の認知が低いという結果だったので、
地域の方々や地域の方々が通う医療機関のスタッフに

 「理学療法士に相談したら?」

と言ってもらえるにはどうしたらいいのか、改めて考えさせられました。
一人ひとりのクライアントさんに丁寧に対応することだけは足りないし、
まだまだ課題は多いですが、頑張っていきたいと思います。

<磯>

IMG_3499.JPG

201802/07

このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.