理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

スタッフBlog

スタッフBlog

2013年 韓国PT研修旅行

スタッフアクティビティ

1月4日から7日まで、池田病院(大阪)のPTの方々と一緒にソウルへ研修旅行に行ってきました。昨年に引き続き、RPT PhysiocenterのPTの方々にアレンジをお願いしました。

IMG_1045.JPG
到着したのはお昼過ぎでしたが、外気温は零下13~14℃と呼吸するのも大変でした。
歩道はアイスバーンになっていて、歩くのに苦労しました。

IMG_1042.JPG
初日は2か所の病院見学に行きました。最初は全国展開もしているという東洋医学を取り入れている病院。脊柱で有名とのことで、韓国のあの女子フィギュア選手も通っていたそうです。

運動療法室と電気治療室が別棟にあり、運動療法室のみ見学させてもらいました。
この日は活動レベルの高い患者さんが多く、TOGUのツールやストレッチポール、各種筋トレマシン、などを用いたエクササイズをたくさん取り入れていました。

英語がとても上手なPTの方がいて、患者さんとも流暢な英語でやり取りをしていました。運動中の姿勢や注意点などをしっかりと指導していたのが印象的でした。


IMG_1046.JPG
2か所目は、脊柱の患者さんが手術や術後の理学療法のために世界中から集まってくるという病院です。ちょうどインターンの学生さんが数名いて、PTの方に指導を受けていました。韓国では学生さんは患者さんに触ってはいけないようです。

PTの方々は皆マニュアルセラピーを学んでいて、トップの先生はソウルのマニュアルセラピー団体をまとめているとのことでした。レッドコードでの股関節セルフエクササイズや、3Dで回転する機器で姿勢を保持する体幹トレーニング、徒手でのテクニックなどを見せてもらいました。

また、日本語のできる方もいたので、韓国のPTのお給料についてや勉強の仕方なども聞くことができました。


DSCF0375.JPG上はチーフの先生との集合写真です。お忙しい中、見学対応してくださりどうもありがとうございました。

DSCF0377.JPG
夜はRPT PhysiocenterのMinYong Eomさんと一緒に豆腐チゲを食べに行きました。辛さを抑えてくれたそうなんですが、相当辛かった・・・でもとてもおいしかったです。チゲの他におかず数品・つけもの・ご飯などお腹いっぱい食べて一人約850円。安さにびっくりです。

食後、コーヒーを飲みながら病院の紹介を池田先生が英語でプレゼンしました。韓国と日本とで、講習会などでもっと行き来できたらいいね、とかアジアをリードしていこう、など夢のあるディスカッションができました。

L1020847.JPG2日目(写真上)は、朝食の後ホテルに戻ってSo Young Kimさんとディスカッションをしました。池田先生、英語プレゼン2回目ですね。昨日見学をしてどう感じたか、とかお互いの国の文化についても話ができました。英語がそんなにできなくても、言いたいことがなんとなく伝わるから不思議です!

DSCF0428.JPG
午後から、近くの雲峴宮に行きました。ここは19世紀末の王族の邸宅です。
日本から友達に会いに来たという方がお友達と民族衣装を着て写真を撮っていて、一緒に撮らせてもらいました。お二人ともチマチョゴリがよく似合っていますね。

この後は明洞などで買い物や食べ歩きをして、夜ご飯には参鶏湯を食べました。

L1020890.JPG3日目は、朝から景福宮へ。ここは李朝の王宮です。中には博物館もあって見どころ満載、なのですが、私は寒すぎて足も痛くて別行動させてもらいました。。。

IMG_0842.jpgパノラマ写真は、王宮から少し歩いた三清洞の先のphoto spotです。おしゃれなお店や伝統的な街並みがすごくきれいなので、気候のいい時にあらためて訪れたいと思います。

この後はスーパーや有名なベーカリーに寄ってから、焼き肉を食べました。サムギョプサル(豚の三枚肉)とモクシム(豚の首のうしろの肉)、おいしかったです。

DSCF9150.JPG
最終日、RPT Physiocenterで競輪選手のトレーニングを見学、施設のシステムや評価について紹介してもらいました。午後はツールを使ってエクササイズの仕方を教わり、全日程を終えました。

今回も、忙しい中でアテンドしてくださったSeolhee Namgoongさん、MinYong Eomさん、So Young Kimさん、見学対応してくださった皆さん、どうもありがとうございました。
韓国の理学療法士の方々もアグレッシブに勉強し、競争社会の中で頑張っているのを目の当たりにして、またモチベーションが上がりました。
これからも交流を続けていけたら嬉しいです。日本へもぜひ、遊びに来てくださいね。

<磯>

201301/12

このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.