理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

スタッフBlog

スタッフBlog

「第一回マニュアルリンパドレナージ勉強会」大成功!!

スタッフアクティビティ

image.jpg今回は、3月20日に慈恵医科大学病院の講堂で開催された「第一回マニュアルリンパドレナージ勉強会」でお話をさせていただいたので、その報告をします。この勉強会は、臨床でリンパ浮腫の患者さんに徒手的リンパドレナージやバンデージ法、運動療法を用いて活躍されている、医師、PT、OT、看護士、その他セラピストの方々が集まって、これからの日本の医療におけるリンパ浮腫治療を研鑽していくために開催されたものです。ご存知の方も多いと思いますが、リンパ性の浮腫とは、乳がんの治療後または婦人科系疾患の術後に腕や脚が異常に浮腫んでしまう症状です。今回の医療法改正に伴って「がん患者のリハビリテーション料」が新たに設けられました。内容としては「がん患者リハビリテーションに関する研修を終了した理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が個別に20 分以上のリハビリテーションが提供された場合に1単位として算定する」ということです。これを機会にリンパ浮腫に最も有効とされる徒手的リンパドレナージ法が、より認識されていくことを期待します。ところで私が勉強会でお話させていただいた内容は、以前にもこのブログで紹介した、エンダモ(キーモジュール機器)の浮腫に対する効果です。これからは、徒手アプローチと有効な機器を併用して、より効果的な治療が浸透していくといいですね。大田からの報告でした。

201003/31

このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.