理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

スタッフBlog

スタッフBlog

香港セブンス2010 帯同報告

スタッフアクティビティ

3月24日から27日まで、女子ラグビーの香港セブンスに帯同させていただきました。

大会は12チームが参加し、日本は2勝2敗で9位でした。

試合の詳細は以下の日本協会のwebサイト

http://www.rugby-japan.jp/japan/women/2010/id8067.html
http://www.rugby-japan.jp/japan/women/2010/id8069.html

または女子ラグビー連盟のwebサイト

http://www.jwrf1988.com/

をご覧下さい。


こちらのブログでは帯同中の仕事をちらっとお伝えします。


half time2.jpg写真はハーフタイムのグラウンド。
帽子をかぶっているのがメディカル(磯)です。
7人制ではハーフタイムが1分と短いため、選手はベンチに引き上げずグラウンドに残ります。
メディカル("Physio"と呼ぶことが多いです)はベンチサイドで待機しますが、ゲーム中でも選手が倒れればグラウンドに入ることができます。


選手の具合を確認して、プレー続行が可能かどうかを判断します。瞬時の判断は難しいし、責任も重いけれど大切な仕事です。選手が負傷して出血や処置が必要な場合、いったんグラウンド外に選手を出し、処置をして再びプレーに戻します。

脳震盪や頚部の損傷、骨折などプレーができないと判断した場合はその旨を伝えてメンバーチェンジ、ベンチで応急処置をします。


taping.JPG

次の写真は足関節のテーピングをしているところ。


捻挫の再発予防のため、硬めに固定しています。


人工芝のグラウンドでは天然芝と違って足首や膝、腰にかかる負担も大きく、疲れがたまりやすくなります。
擦り傷+やけども増えます。


雨の後はすべることも多く、天然芝とは違った外傷が起こることがあります。


wup.JPGのサムネール画像アップ用のサブグラウンドの様子です。

周りには超高層ビルが立ち並び、香港らしい光景ですね。


下の写真はホテルでの夕食の様子とデザートのケーキ・・・ちゃんとポールも立っています!dinner.JPGcake.JPGのサムネール画像                          

遠征先のホテルではビュッフェスタイルのことが多いので
選手にはバランスを考えて選ぶように伝えます。
高校生の選手たちも、野菜や果物をしっかりと選べるようになってきました。

写真のものよりもかなり大きなラグビーボールのケーキも登場し、ちょっと笑ってしまう感じでしたが美味しかったです。

今回は1日に4試合、3泊4日と遠征期間も短かく、コンディショニングよりも外傷の処置が多かったように思います。何が起こっても大丈夫なように、準備と段取りが大切だと感じた遠征でした。

メディカルは「慌てず、おおらかに」をモットーに今後もサポートしていきたいです。

ご協力いただいた皆様、応援してくださった方々、どうもありがとうございました。


P3260245.JPG

<磯>

201003/30

このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.