理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

スタッフBlog

スタッフBlog

のど飴の選び方

その他

全国的にインフルエンザや風邪などが流行っていますね。皆さんはのどの調子が悪いとき、どんなケアをしていますか?マスク、うがい、水分補給、加湿、のど飴をなめるなど、のどの痛みや不快感を緩和させるための方法はいくつかあります。今回はその中から、のど飴の選び方について紹介します。

「のど飴」には大きく分けて3種類あります。
① 食品の「のど飴」
② 医薬部外品の「のど飴」
③ 医薬品の「のど飴」

① 食品の「のど飴」はスーパーやコンビニで手に入り、効能や効果はありません。飴をなめることで唾液の分泌が増えますし、スーッとする成分の入ったものはのどや鼻の通りがすっきりする感じがしますね。「はちみつきんかんのど飴」などがそうです。

② 医薬部外品の「のど飴」は医薬品に準じた有効成分が入っていて効果があるとされているものでパッケージに【医薬部外品】と表示がされています。スーパーやコンビニで置いているところもあります。医薬品と比べると効き目が穏やかで副作用が少ないもの、という特徴があります。のどの痛みや腫れを抑える、口の中を殺菌する効能・効果があるとされています。咳を鎮めるというよりも、殺菌の作用が主なようですね。例を挙げると、ヴィックスやアイストローチなど、薬用のど飴がこれにあたります。

③ 医薬品の「のど飴」は医薬品として有効成分による効能・効果が認められています。これは医薬品販売が認可われている薬局やドラッグストアでしか手に入れることができません。パッケージには【第2類医薬品】【第3類医薬品】と表示があります。咳止めや痰を出す成分、殺菌成分がミックスされています。ただし副作用もあるので、用量・用法を守って使用してください。
ルルメディカルドロップ、浅田飴、南天のど飴、などが医薬品にあたります。

浅田飴には生薬エキスが入っていて、咳や痰を鎮める効果があるとされています。この中のマオウエキスはエフェドリンといって、気管支を拡げる、発汗や覚醒作用があるとされています。南天のど飴は咳止めやのどの腫れを抑える南天の成分が入っています。この中のヒゲナミンという物質は、気管支を拡げる作用があります。

まとめると、のどを潤したりスッキリさせたいときは①、腫れや痛みがあって口の中を殺菌したいときは②、腫れや痛みが強くて咳も痰も出るときは③(熱があって咳が出るときは浅田飴、喘息のような咳の時は南天のど飴、でしょうか)と使い分けるのが良さそうです。

ただし、アスリートの場合には③の浅田飴と南天のど飴には、ドーピング検査で陽性になる禁止物質が含まれていますので、使用は避けてください。検査対象でないスタッフが持っているだけでも使用を疑われる可能性があるそうなので、普段から使用には注意したほうが良さそうです。ちにみに、龍角散ののど飴は禁止物質は含まれていません。


調子の悪いときにはおいしく感じるのど飴ですが、元気な時は全然おいしくない!と私は思っています。皆さんも症状に合わせて選ぶと、よりスッキリするのではないかと思います。

<磯>

201702/09

このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.