理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

スタッフBlog

スタッフBlog

Pa!pelvis®(パペルビス)役に立つ

スタッフアクティビティお知らせ

先日、関東のある理学療法士養成校(大学)で
ペーパークラフト"Pa!pelvis®"をご使用いただきました。
学部の授業の理学療法特論と、選択授業の実技の場面で
お役に立ったようなので紹介します。

Covid-19の感染拡大に伴って、多くの大学では
対面の授業がオンラインになっています。
理学療法士になるための勉強に実技は欠かせないのですが、
これも今までのようにはいかないようで・・・
例えば、骨指標や筋の触診をするときにも、互いに触診ができない
(密集したり直接触れることになるから)とか、
骨標本を何人かで一緒に使うということができない(その都度消毒が必要)、
とお聞きしました。そんな中、授業の本の一部ではありますが、
紙でできたPa!pelvis®を使って骨盤の骨指標や骨盤底筋の解剖の
確認をされたそうです。骨盤全体が前に傾くとどうなるのかとか、
上前腸骨棘、坐骨結節、恥骨結合、骨盤底筋の位置関係と場所など、
イメージがしやすかったと感想をいただきました。

hands.jpg


自分が学生の時は、上前腸骨棘は分かっても坐骨結節や恥骨結合まで
触診できたか(触診したのか??)記憶にありません。
骨標本も欲しいけれどなかなか個人で買うのも難しいですし、
解剖書も立体ではないのでイメージしにくい部分もあると思います。
ということで、Pa!pelvis®もお役に立てたようでとても嬉しいです。

女性版と男性版と揃っているので、詳細をぜひ見てみて下さい!
理学療法士以外でも、解剖や運動の理解に便利だと思います。
(下記URLをコピーしてウェブサイトへどうぞ)
http://www.pt-select.com/online/papelvis/

<磯>

202012/03

カテゴリ

月間アーカイブ

ご相談は無料です 03-6402-7755
STAFF Blog
フィジオセンター公式facebook
セミナーのご案内
インターリハ株式会社
東京ひざ関節症クリニック
このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.