理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

スタッフBlog

スタッフBlog

コンディショニング紹介 ~膝前十字靭帯損傷、半月板損傷~

コンディショニング紹介

第2回目のコンディショニング紹介は、
膝前十字靭帯損傷、半月板損傷です。

膝の靭帯や半月板を痛めた後の治療は、手術をする場合としない場合があります。
どちらの場合もまずは可動域(動く範囲)や筋力を元に戻し、並行して全身の運動も進めていきます。


< コンディショニングの例 >

【症状、訴え】

 ・膝を動かすと音がして痛い
 ・筋力が弱い
 ・正座ができない
 ・自分に合ったリハビリをしたい


【チェック(評価)の内容】

 ・膝周りの状態の確認(炎症や痛み、靭帯の緩み、筋肉のかたさ など)
 ・姿勢や歩き方
 ・下肢全体の筋力
 ・コアの使い方
 ・動作の確認


tecnosix.jpg 

【エクササイズの内容】

 ・張りのある筋に対して → ストレッチ、モビライゼーション
 ・膝関節の硬さに対して → 
 テクノシックス(高周波治療器)での温熱療法・循環の改善
 (右の写真)

 ・コアの強化 → レッドコードやボールでの全身運動
 ・脚全体の強化 → マシン、チューブトレーニング
 ・パフォーマンスの向上 → バランストレーニング

                              


下の写真は左がマンツーマンストレッチ、右はマシンを使った大腿四頭筋の筋力強化です。

膝周りだけでなく、胴体や股関節・足部を含めてコントロールできるようになると膝への負担が減ってきます。

手術の有無や目標によってもエクササイズ内容は異なりますが、どこが弱いのかを見つけてトレーニングを続けていけるといいですね。


stretch.jpgのサムネール画像  Leg ext.jpg     

 

201005/06

このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.