理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

スタッフBlog

スタッフBlog

図書のご案内 「負けない作法」

視聴覚案内

「負けない作法」
岩出雅之(帝京大学ラグビー部監督)
2015年3月 集英社

写真.JPG

久しぶりに図書の案内です。
私自身がラグビーに関わってきたことから、ラグビーの大学選手権で6連覇をしている
帝京大学監督の著書ということで興味を持った本です。
チームの強さの秘訣は監督の人徳ではないか、と聞いたこともあります
(もちろんラグビーの練習、トレーニングや栄養管理などの要因もありますが)。

特に興味深かった部分について少し紹介します。

チーム作りは「自分づくりから」
岩出監督の最終目標は、大学選手権に優勝するチームを作ることではなく、
卒業後に学生たちが社会人として周囲の人たちから愛され、信頼され、
幸せに生きていく力を身に着けること。
それらの力が「負けない作法」によって身に着けられると考えているので、
負けないための方法を伝え実践してきた。

「作法」とは、どんな状態であってもそのことはとりあえず横に置いておいて、
ともかく行う決まり事のこと、自分の調子が良くても悪くても
(辛いときや苦しいとき、嬉しくて興奮しているとき、落ち着いて普通の精神状態の時も含む)
必ずしなくてはならない儀式のこと、とされています。
2015年のワールドカップで活躍した五郎丸選手のルーティーンに
通じるところがありそうですね。

それでは作法とはどんなことなのか。
「作法0」自分をニュートラルに保つ方法
身体も心も、真ん中に位置する「ニュートラル」が分からないと自分の目の前の現象に
振り回されて、いつもの自分を見失ってしまう。
そこで、自分を正常に戻し整えることが必要。そのための具体的な方法が
以下の5つを習慣化することだそうです。各論は著書を読んでいただきたいのですが、
全部をこなすのは意外に簡単ではないように思います。

1 環境を整える(整理整頓、掃除など)
2 身体のコンディションを整える(体調管理)
3 マインドのコンディションを整える(精神状態の安定)
4 振り返りをすぐに行う、何度も行う(得た結果を活用するための振り返り)
5 丁寧に日常生活を送る、日常の小さなことに目を配る

このように自分づくりのための作法が0から4まで述べられています。

また、帝京大学ラグビー部では上級生が雑用を行うそうです。
その理由は、1年生はまだ余裕がなく他人のことを考えたり他人のために
行動したりすることができないから。4年生は、自分が下級生の時に
上級生にそうしてもらってきたので、喜んで他人のために立ち働く。
何か月かして余裕がでてきた1年生は、自分が上級生にしてもらってきたことに
気づいて感謝の気持ちが生まれ、自己犠牲ではなく当たり前のこととして
他人のためにも力を発揮できるようになる。

ほかにも「献身と貢献の違い」についての記載や、
「リーダーについて」「キャリアづくりについて」の対談もあり、
ビジネス書としても興味深く読めると思いました。

ちょうど今日は大学選手権の決勝戦です。どんなゲームになるのか楽しみです。

<磯>

201601/10

このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.