理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

スタッフBlog

スタッフBlog

65型大型TVモニター購入!

こんにちは。田舎中です。
65型の4kテレビモニターを購入しました!
デカいです!そしてとてもとても綺麗です!
このモニターを使って色々計画中です( ´艸`)
決して呪術廻戦とかスターウォーズを見ようとしているわけではありません...

S__130572303.jpg

202103/01

トレーナー活動

コンディショニング紹介スタッフアクティビティ専門家向け情報

先日の休日は、グラウンドへトレーナー活動にお伺いしてきました。緊急事態宣言下であるためチームの活動も感染予防を継続しながらの活動となっています。そのため、コンディショニングについてもマスク・グローブの着用、使用物品の消毒・手洗いを行いながらの活動を行っています。

グラウンド.jpg


今回の訪問では、近隣の医療機関との連携の重要性を感じました。今後もより良い環境や選択肢を選手の方々に提供できるように、活動を継続していきたいと思います。〈津田〉

202102/16

勉強会の様子

コンディショニング紹介スタッフアクティビティ

今日は、スタッフ間でやっている勉強会の様子をお届けします。
ひと月に一回、クライアントさんのカンファレンスと、
評価や治療技術の実技の方法の実技勉強会をしています。

今回は肩の問題のあるクライアントさんに対しての
肩甲骨と上腕骨の動きを評価する方法を皆で確認しました。

S__16023567.jpg

立位の時の肩甲骨&上腕骨の静的アライメントと、
上腕を動かしたときに肩甲骨がどのように動くか、を
正常な場合(テキストや講習会で学んだことを参照)と実際の動きで比較します。
左右差を見ることと、本来はどのくらい(角度や動きのタイミング)動くのか
を確認していくことが治療につながります。

S__16023562.jpg

S__16023561.jpg

肩に症状があるスタッフもないスタッフも、適切でないアライメントや良くない動きがありました!
でもいろいろ試して、皆それぞれ動きが改善したようです。

カンファレンスでは、レベルアップできるようにとZoomを利用して
外部の先生にもアドバイスをいただいたりもしています。
分からないところは調べたり、練習をして
クライアントさんのコンディショニングにまた活かしていきたいと思います。

<磯>

202102/08

2021年 新年のご挨拶 

スタッフアクティビティお知らせ

新年明けましておめでとうございます。本年もフィジオセンター変わらぬご愛顧を何卒よろしくお願い申し上げます。新年早々、首都圏は緊急事態宣言が下りてしまいました。コロナ禍から抜け出すには、まだまだ時間と努力と忍耐が必要なことを再度実感しています。昨年後半のGo to イート、Go to トラベルが現在の全国的な感染爆発に大きく影響していると言われていますが、そのおかげで経営を持ちこたえられた業種の方々も居られたと思います。本当に知恵と忍耐、そしてお互いを思いやる心が大切なことを感じています。フィジオセンターも感染動向に注意しながら引き続き出来る限り感染対策を継続してまいります。今年も一年、皆様が健康に過ごせますよう心より願っております。
写真は、1月4日に職場行ったついでに、浜松町の貿易センタービル、増上寺に初詣、東京タワーを見物したので写真3点掲載します。早く東京に多くの観光客が戻ってきてくれる日を待ち望んでいるように見えます。
\(>0<)/ がんば~20210104_160620.jpg20210104_173955.jpg20210104_134322.jpg

202101/12

良いお年をお迎えください

本年も残すとことあと僅かとなりました。
今年は今までとは異なった生活様式や働き方となり、スタッフも様々なからだの変化も感じた(笑)一年でした。

20-12-30-21-01-53-269_deco.jpg

来年も皆様がいつまでも健康で過ごせるよう、スタッフ一同新たな取り組みにも挑戦する所存です。
来る年が笑顔にあふれた明るい年になりますように。

年末年始の休業日のご案内
12月29日~1月4日

フィジオセンター スタッフ一同


202012/30

YouTube動画を作成しました!

スタッフアクティビティその他

新しい取り組みとして、YouTubeの動画を作成・掲載しました。内容は普段から関わる事の多い、野球選手を対象とした『野球肩予防エクササイズ』です。

なかなか、不慣れな点が多く編集作業などに少し時間がかかってしまいましたが、定期的に新しい動画を掲載予定です。

youtube.jpg

また、今後は並行して股関節に関わるようなエクササイズもご紹介できたらと考えています。興味をお持ちの方は、是非1度ご覧ください。

以下が動画のURLになります。
https://www.youtube.com/watch?v=NnUhZXzjv4I

                                  〈津田〉


202012/11

Pa!pelvis®(パペルビス)役に立つ

スタッフアクティビティお知らせ

先日、関東のある理学療法士養成校(大学)で
ペーパークラフト"Pa!pelvis®"をご使用いただきました。
学部の授業の理学療法特論と、選択授業の実技の場面で
お役に立ったようなので紹介します。

Covid-19の感染拡大に伴って、多くの大学では
対面の授業がオンラインになっています。
理学療法士になるための勉強に実技は欠かせないのですが、
これも今までのようにはいかないようで・・・
例えば、骨指標や筋の触診をするときにも、互いに触診ができない
(密集したり直接触れることになるから)とか、
骨標本を何人かで一緒に使うということができない(その都度消毒が必要)、
とお聞きしました。そんな中、授業の本の一部ではありますが、
紙でできたPa!pelvis®を使って骨盤の骨指標や骨盤底筋の解剖の
確認をされたそうです。骨盤全体が前に傾くとどうなるのかとか、
上前腸骨棘、坐骨結節、恥骨結合、骨盤底筋の位置関係と場所など、
イメージがしやすかったと感想をいただきました。

hands.jpg


自分が学生の時は、上前腸骨棘は分かっても坐骨結節や恥骨結合まで
触診できたか(触診したのか??)記憶にありません。
骨標本も欲しいけれどなかなか個人で買うのも難しいですし、
解剖書も立体ではないのでイメージしにくい部分もあると思います。
ということで、Pa!pelvis®もお役に立てたようでとても嬉しいです。

女性版と男性版と揃っているので、詳細をぜひ見てみて下さい!
理学療法士以外でも、解剖や運動の理解に便利だと思います。
(下記URLをコピーしてウェブサイトへどうぞ)
http://www.pt-select.com/online/papelvis/

<磯>

202012/03

X'masイルミネーションin 港区!

その他

今年も早いもので、都内一部ではクリスマスイルミネーションが点灯し始めました。コロナ禍の中、自宅のイルミネーションは、家族会議で控えようと決まったので、街のイルミを満喫したいと思います。写真は、港区六本木の欅坂の風景です。2月以降、コロナが影を落としてから、人々の表情まで曇ったままの日々が続いてます。寒空に輝く光の中、通行人の笑顔が、今年は一段と微笑ましく感じます。イルミ最高 !! \((^0^)/
イルミネーション1.jpg
イルミネーション2.jpg

202011/17

第24回福井県理学療法学術大会&ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法部門研修会

こんにちは。田舎中です。
週末は第24回福井県理学療法学術大会の特別講演とウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法部門主催の研修会レベルⅠの講師をさせて頂きました。
福井理学療法学術大会はコロナの影響で5月開催が延期となり、昨日の開催になったのですが、両方ともWEB開催ということで、何とか講演時間の調整をしていただき、無事に終えることができました。講演内容をじっくり聞いていただいたのが良く分かる質問をたくさん頂いたのが、とても嬉しかったです。
今回はWEB開催だからこその両立でしたが、やはり会場で参加していただいた方々のお顔や反応をリアルタイムで感じたい~と思いました。早く、早く収束しますように...

22632.jpg


202011/09

第47回日本股関節学会学術集会

今週末は、第47回日本股関節学会学術大会が開催されますが、前日となる本日は本学会に先立って第6回教育研修セミナー〈ベーシックコース〉が開催されました。新型コロナウイルスの感染予防の観点から、現地開催+Web開催の『ハイブリット形式』となり、自宅から参加しています。

股関節学会.jpg


セミナーの内容は股関節を専門とされた整形外科医の先生向けですが、『Hip-Spine Syndrome』の理解を深める内容や、『Groin painとFAIとの関係』、『股関節手術』の適応や内容について触れられており、新しい知見を数多く得る事ができました。

明日からは学会自体が開催されますので、より多くの新しい知見を得てご利用になる対象者の方々へ還元できるようにしていきたいと思います。 〈津田〉

202010/22

カテゴリ

月間アーカイブ

ご相談は無料です 03-6402-7755
STAFF Blog
フィジオセンター公式facebook
セミナーのご案内
インターリハ株式会社
東京ひざ関節症クリニック
このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.