理学療法士による
リハビリ&コンディショニングスペース

スタッフBlog

スタッフBlog

書籍のご紹介

スタッフアクティビティ専門家向け情報

 本日は、新しい書籍のご紹介をさせて頂きます。書籍名は『新ブラッシュアップ理学療法-新たな技術を創造する臨床家88の挑戦』(ヒューマンプレス)です。すでに当センターのfacebookでもご紹介させて頂きましたが、こちらの書籍は88名の理学療法士のスタッフが試行錯誤を行っているオリジナルの臨床技術について記載されている本です。様々なアイディアが凝縮された1冊となっています。当センタースタッフ4名も執筆の機会を頂きました。関係者の皆様に深く感謝致します。

表紙.jpg
 
 10月16日(月)頃より書店に並ぶ予定との事です。ご興味のある先生は是非、手に取って頂けると幸いです。最後までお読み頂き、ありがとうございました。 〈津田〉

201710/13

秋の健康教室 第1弾

スタッフアクティビティお知らせ

昨日、フィジオセンターのクライアントとそのご関係の皆様向けの健康教室を開催しました。
テーマは「足のトラブル予防・改善」です。

IMG_2766.JPG

足に興味がある方々が参加され、講師の大田が講義とセルフケア・トレーニングの指導をしました。今回は参加された方の静止立位の足圧を測定し、偏平足気味か標準かハイアーチかを大まかに分類しました。『自分の足のタイプが分かってよかった』という方が何人もいらっしゃいました。

IMG_2765.JPG

それから、実技では足の柔軟性を高めたり、バランス能力を高めるトレーニングをしたりして体を動かしました。短い時間でしたが、からだの事に興味を持って学んでいただけました。スタッフもそれぞれ楽しめました!ご参加いただきありがとうございました。

次は28日に腰痛予防を開催します。

IMG_2768.JPGIMG_2772.JPGのサムネール画像

201710/05

中国雲南省 医療法人様研修の報告

スタッフアクティビティ

第5回目となる今回の研修のお題は、1、産後のコンディショニングと2、脳梗塞片麻痺の運動療法でした。産後に関しては、訪中前から当センターの田舎中PTから評価とアプローチを直々に指導していただいたおかげで問題なく?実施でき一安心でした。片麻痺のアプローチでは、3名の患者様に声をかけていただき、いつものごとくでモンストレーニンションを実施しました。毎回の事ですが、現地スタッフに介入後の変化を予想以上に期待をしていただいて、ありがたいことです。やはり日頃の研鑽が大事ですね。mmexport1505351964509.jpgmmexport1505351964854.jpg

201709/28

Kathe Wallace先生の翻訳本出版のご報告

こんにちは、田舎中です。
今日は書籍のご案内をさせてください!
当センターで昨年より講師としてお招きしている米国の骨盤底筋群に対する臨床の第一人者であるKathe Wallace先生が書かれた本を私が翻訳させていただき出版させて頂くことになりました。
日本のタイトルは「産後リハにおける腹部・骨盤へのアプローチ 腟・会陰部のケア 尿失禁 骨盤臓器脱 会陰・骨盤痛の予防のためのエクササイズ(丸善出版)」発売日は来週のは9月21日(木)です。
訳者序文にも書かせていただきましたが、現在の日本の産後ケアはまだ十分ではなく、一ヶ月健診では赤ちゃんの発達、お母さんの子宮や創の回復状態を確認しますが、それ以外にお母さんの体に生じる骨盤痛や陰部の痛み、排泄トラブル等に対するケアや指導は後回しにされがちです。本書では産後に会陰部痛を生じたケース等、産後症状に悩むケース等のケースを挙げ、その対処法:自分で行う会陰部のチェック方法、産後の外陰・会陰部の変化とそのケア、過緊張している骨盤底筋群のリリース方法、性的活動時の対処方法、緩んだ骨盤底筋群に対するエクササイズ等が詳しく書かれています。
私も2人の出産を経験しましたが、この本に書かれているような会陰部のケアや骨盤底筋群の指導はほとんどありませんでした。是非多くの医療従事者の方に手にとって頂き、皆さんの周りにいる産後のお母さんへの指導に役立てて頂きたいと思います。またこれから出産を迎える方には、ご自身の出産にも役立てて頂きたいと思います。

IMG01519.jpgのサムネール画像
1505444874632.jpgのサムネール画像

201709/15

書籍のご紹介

お知らせ

本日のブログは書籍のご紹介です。書籍名は『スポーツ理学療法 急性期治療とその技法』(文光堂)です。当センターの磯が『組織のヒーリングプロセス 皮膚・皮下組織』というテーマで執筆しています。皮膚・皮下組織の構造から、損傷の治癒過程、評価と理学療法の実際まで、多くの図や写真を用いて大変わかりやすい形で提示されています。個人的には急性期からの皮膚・皮下組織にアプローチができる事によって、介入の幅が広がると感じました。是非、多くの方に手に取って頂けると幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。〈津田〉

書籍

S__35250188.jpg

201709/08

健康の秋 特別企画

お知らせ

日頃よりフィジオセンターをご利用いただき、誠にありがとうございます。

今年も「健康の秋 特別企画」として、イベントを開催します。
ご興味のある講座にぜひご参加ください(要予約)。
非会員の方もご参加いただけます。

第1回 平成29年10月4日(水)
13時~15時 【足のトラブル予防・改善セミナー】

第2回 平成29年10月28日(土)
13時~15時 【腰痛予防のためのからだづくり】
15時~17時 【利用者様とスタッフの親睦会】 おからだの相談もできます!

参加費:各講座500円 
定員:各講座15名

S__34283529.jpg

スタッフ一同皆様のご参加をお待ちしています。

お問合せ、お申し込みはお電話でお願いします。

フィジオセンター ☏03-6402-7755

201708/31

夏季休暇もコンディショニング

スタッフアクティビティ

夏季休暇を利用してノルウェー友人宅にお邪魔させていただきました。この町は「アナと雪の嬢王」に出てきたアレンデール王国の元となった街でアレンダルといいます。もう一つ逸話は、キリンビールの元となったビールがこの町のアレンダルビールなんです。キリンビール開発時、このアレンダルビールを設立したノルウェー人がその作り方を伝授したそうです。ちなみに、この開発者の奥さんの名前がカレン、カレン→キリンとの一説もあります。下の写真は、アレンダルの友人の肩を治療しているところです。彼女は、自分専用の治療をしてもらうための治療ベッドを持っています。セラピストで自分専用は聞いたことがありますが、患者で自分専用は初めてです( ´艸`) (大田)
アレンダル治療2.jpg
アレンダル治療1.jpg

201708/17

理学療法7月号 腰部運動器疾患に対するセルフエクササイズ指導のポイント 執筆しました!

視聴覚案内

こんにちは。田舎中です。理学療法7月号 特集運動器疾患に対するセルフエクササイズ指導のポイントで【腰部運動器疾患に対するセルフエクササイズ指導のポイント】を書かせていただきました。クライアント自身に腰部運動器疾患を引き起こした機能不全のタイプを理解していただいた上で、エクササイズの効果と必要性を実感していただく。セルフエクササイズの指導が成功することで、症状の改善・維持だけでなく再発予防にもつながるのではないでしょうか。様々なお考えの先生方いらっしゃると思いますが、少しでもお役立て頂ければ嬉しいです。

IMG01476_Burst01.jpg

IMG01462-2.jpgのサムネール画像

201708/08

磁気刺激装置

その他

昨日は、岐阜にある病院様にお伺いして導入して頂いた機器の技術的なサポートの研修を実施させて頂きました。機器は磁気刺激装置です。磁気刺激装置はコイルに電流を流す事で磁場が発生し、その結果発生する過電流を用いて生体組織を刺激する事ができます。非侵襲的に大脳の神経線維を刺激できる事が大きな特徴です。本日は、研究用(二重盲検要)のコイルの使用方法をご説明させて頂きました。機器の特性上、若干複雑な点もありましたが、概ね問題なくお伝えする事ができたと思います。

コイル.jpg

今後ともこのような機会の際に、現場の医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・コメディカルの方々に分かりやすいご説明ができるように取り組んでいきたいと考えております。最後までお読み頂きありがとうございました。 〈津田〉

201708/04

夏期の営業についてのお知らせ

お知らせ

いつもフィジオセンターをご利用いただきありがとうございます。

8月、9月はお盆や連休がありますが、フィジオセンターはカレンダー通り営業いたします。

スタッフごとにお休みを取る可能性がありますので、

ご確認のうえ予約をお取りいただくようお願い致します。

暑い日が続いていますが、よく食べ、よく遊び(働き)、よく休んで夏を乗り切りましょう!

IMG_2268.JPG


201707/27

このページのTOPへ
Copyright (C) Physio Center. All Rights Reserved.